投稿日:

歯周病の痛みでしょこんなことは

歯科技工の世界も人の手に取って代わるのはもうすぐ

唾液の働きの主のなものは口の中の粘膜の保護や洗浄。舌の動きを滑らかにする。食べ物を飲み込み易くする。味がよくわかる様にする。食べ物の消化。抗菌作用。pH緩衝作用唾液のpHを一定に保つ働き。と言ったものがあります。専門的な部分もありますが、ちょっと付合って下さい。唾液の99.5%は水分で、0。5%が固形成分です。唾液腺という器官から一日に1。5リットルから2リットルくらいの量が出ています耳下腺、顎下腺、舌下腺って聞いた事あると思います余談ですが、皆さん子供の頃「おたふく風邪」で学校を休んだ記憶があるでしょう?この「おたふく風邪」の正式名称は「流行性耳下腺炎」というウイルス性疾患です。わずか0。5%の固形成分の中に、優れた成分が沢山含まれているのです。

一番有名なところでは、食べ物の消化を助ける成分のアミラーゼやリパーゼですね成分ひとつひとつについて詳しく説明することはしませんが、のです。人間の心と体にとって大切な存在なしかし、まだまだ解明されていない部分が多く、これからの研究分野と言えます。そもそも、唾液って何からつくられているかご存知ですか?答えは「血液」です。唾液は血液と同じ情報を持っている事になります。これからは、唾液の検査が色々発達してくる事と思います。そして、手軽に身体の状態やクスリの効果などを唾液検査で調べる事が出来る様になってくる事でしょう。現在でも、DNA鑑定では重要なサンプルになっていますよねそんな唾液を、沢山出して、そして飲み込む事ですせっかく効果のある成分いっぱいの唾液を、皆さんはブラッシングの度に無駄にしているのです。唾液は、よく噛む事で沢山出てきます。最近では、よく噛む事の効果がやっと見直されてきました。

  • 歯並びが良くなるとこんなに磨きやすいんだ!
  • 歯科医師とディスカッションをして歯ブラシがとてもしやすい
  • プロバイオティクスの安全性の確立

形成量…歯の削る量ラミネートベニア

歯を傷つける心配がない殺菌力が高く「玄米粥はチョット準備が大変だなー」と言う人が多いと思います。そこで、簡単玄米スープもお知らせしておきます。先ず、フライパンに玄米を入れ、乾煎りします。量は適当、好きなだけでOKですが、カップ1杯でも結構増えます。こげない様に注意。そのうち、ポップコーンのようにぽんぽんはじけてきます。八割がたはじけたらストップ。鍋に水とポップコーン玄米を入れ、じっくり煮込んで行きます。このとき、お好みで昆布や梅干しを入れても良いでしょう。玄米がフヤフヤにふやけて花が咲いた様になります。普通はここで玄米をこしてスープにして飲むのですが、出し殻玄米をそのままよく噛んで食べちゃいましょう。

歯を診ても問題があるようには見えなかったのですその他、煮物でも固さやサイズを工夫して病人食にならない様に楽しんで良く噛んで下さい。数多く噛む事が歯周病治療に効果的という事をお話ししてきましたが、もうひとつ、事で、脳の血液循環が良くなるという実験データが出ていることをおしらせしますね数多く噛む噛む為に働く筋肉、咀嚼筋といいますが、下アゴからこめかみの周囲にかけてにある筋肉です。これらが伸び縮みする事で、周りの血管を刺激して、血液循環が良くなってきます。脳科学の分野からも「噛むと頭が良くなる」なんて話しが出ていますよねこれ、事実です。そして、認知症治療にも効果あり。む事はいいことずくめなのです。

歯磨き粉を使うのはあくまで対処療法

中国の歯科大学にも最新情報が取り入れられ、治療に活かされています。しかし、日本人の眼から見ると、細かな仕上げ、丁寧な仕事とは言えないのが現状です。知識レベルももう一歩という感じですが、世界の技工所になろうとしています。世界基準ではこのレベルでいいのかも知れません。しかし、スペースシャトルにも、すばる望遠鏡にも、日本人の手仕事が活かされてるように、私達日本人の器用さ、感性の鋭さは世界一ですこの世界一の手仕事と最新技術、ITの融合を歯科診療にも、技工にも活かして行く事が、日本の歯科の生きる道だと思います。スイスの機械式腕時計のやり方がいい例かも知れませんね「コラム4」やり直し治療はなぜ起る歯の治療では、歯周病の進行以外にも、素材の選び方や組み合わせ方で長持ちしなくなる場合があります。

歯を交換したりして歯と

歯ロ外時置が日歯に生え替わった時点で歯をかみ合わせたときそうすると、やり直しになってしまいますよね長持ちしないでやり直しになる一番の原因は、ムシ歯の再発と歯周病の進行です。歯周病については、治療と予防が同時進行です。通院治療が一段落すると、あとは定期的なメインテナンスになりますが、このとき、家庭での注意がだんだんおろそかになってきます。「通院中は、ブラッシングも食事もあんなに頑張ってやっていたのに·ー」なんて言う患者さんもいます。「のど元過ぎれば」というやつですね。こうやって、また悪くしてしまうケースがあるのですが、一方で、ライフスタイルを変えて、毎日シッカリ頑張っているのに、また悪くしてしまうケースもあります。こんなとき、意外と見落としているのが、すり減りの問題なのです。長く患者さんの歯と歯肉の写真を見続けているとわかってきます。